誰でも書ける!マリオカート8/デラックス攻略ファンサイト

射命丸文のマリオカート8デラックス講座

いただきシャインを攻略する3つの事

射命丸文です。
今回は、いただきシャインの攻略法を記載!
但し、これも人によっては難しいことかもしれないので、
参考程度にして下さい。

1、最初は先にアイテムを取れ!!

スタート直後は先にシャインじゃなくアイテムを取りましょう。
ほとんどの人はシャインを取りにいきますから、
シャインが遠いところにあるアイテムは取りやすいですよ。
キャラの少ない場所なら、いいアイテムが出るまで
とりまくるのもいいかもしれませんね。

2、アイテムを取ったらしばらく温存!!

アイテムを取ったからシャインを取るのではありません。
残り1分~30秒まで待ちましょう。
どうせ先にシャインを取っても、すぐ誰かに攻撃されます。
シャインを取ったら全員が敵ですが、取ってない人からしたら、
1人しか敵はいません。いわゆる変則チーム戦のような事になるのです。
このことから、シャインを取らないほうが有利です!
(新手のイジメみたいなことになったら話は別)

3、残り10秒になったら必ずシャインを離すな!!

残り10秒になってからシャインを離すとほぼ確実に負けです。
なのでこの10秒間だけは絶対にシャインを守りましょう!!
アイテムも、最低1つは持っておきましょう。
出来れば防御できるバナナ等がいいでしょう。

仮にここでシャインをまだ持っていなければ、2つアイテムを手に入れて奪いましょう。
運が良ければ手に入れられます。
但し!アイテムは1つ保持してください!場合によっては奪い返されます。

もう1度いいますが、これも人によっては難しいことかもしれないので、
参考程度にして下さい。

アイテム論

DX版のコインはハズレじゃない?

射命丸文です。
今回は、コインのちょっとした裏技を書いてみます。

8では疫病神アイテムのコイン。しかしそれは、DXでかなり役立つアイテムになったのです!

コインを所持しているまま、アイテムボックスを取ると、ほとんどの場合、コイン以外のものが出てくるんです!
つまり、バナナやこうらなどの何かに使えるアイテムが出現するんです!

ただ、あくまでほとんどなので、たまに連続することもあるようです。
特にネットでは、連続する理由が「ラグ」の場合がほとんどです。
ラグはどうしようもありません。

ふうせん系バトルでのアイテム使用法

射命丸文です。
今回はふうせんバトルのアイテム使用法を記載!
ボムへい縛りのやつも対象です

※「レースOK」はレースでも使えるテクニックのこと

バナナなどの後ろに置くやつ(ボムへいを除く)

アイテムボックスに隠すと当たることがある(レースOK)

甲羅

緑版の場合は後ろから奇襲するか、後ろにキャラがいたら後ろへポイすればいい。(レースOK)
3連の場合、アイテムを持ってない者に体当たりしてもいい。(レースOK)
反射させて当てるのは自分に当たるリスクもあるのでやめよう。
赤版の場合、前の敵に気付かれないようにしよう。後ろに保持してもいい。後ろに気付かれても前に出にくいだけだから。(レースOK)
後ろに敵がいたらターンしてすぐ投げると不意打ちになることも。

ハネ

ふうせんを奪うことがキノコよりも気付かれやすい。気付かれていない時の方が少ないので、壁の先に敵がいる!なんて時に使えばいい。

ボムへい

不意打ちを狙うなら遠くから投げて攻撃したほうがいい。
狙っているキャラがかなり遠いなら、スティック(十字キー)を上に押して投げれば届く可能性がある。
少し近い場合は、普通に投げればいいが、相手も不意打ちを使う恐れが出るため、場合によっては後述の方法が上手くいく可能性もある。
近い場合は、後ろに設置。相手も同じ戦法を取ることも多いので、出来れば遠くからの不意打ち攻撃をしたい。

テレサ

これは相手に気付かれると皆すぐ使用しようとするので、失敗覚悟で遠くの敵のアイテムを奪うほうがいい。
ワナやアイテム回避に使う場合は、どうしても曲がりきれない、相手がハネを持っている際が効果的。特にハネは気付くのが遅いとふうせんも持っていかれるので早めに使ったほうがいい。

スター

後ろから不意打ちするか、デラックス版ならキノコと共に前の気付いていないキャラに攻撃してもいい。但し、後述の方法は成功率は恐らく低い。



カートとバイク、どっちが速いの?

なんか専用ページが作られてたw。射命丸文です。
今回はカートとバイクはどっちが速いかを検証してみました。
なお、個人差があるのであくまで参考程度にしてください。

検証ルール

  • タイムアタックは150cc
  • ショートカット、アイテム禁止
  • LAPの平均を検証結果に取り入れ(少数第2位以降切捨て)
  • 何かにぶつかったらリスタート
  • コースはキノピオハーバー、パックンスライダー
  • マシンはスタンダードを使う

結果

キノピオハーバー

カート 1分12秒1
バイク 1分14秒7

パックンスライダー

カート 1分5秒8
バイク 1分2秒3

以上のことから、中立(?)ですね。
おそらくサーキットなどの平坦地はカートが、仕掛けの多いところではバイクが速いんでしょう。

もう一度言いますが、『個人差がありますので参考程度にしてください。』

200ccはこれで出来る

射命丸文です。
今回は200ccが上手く出来ない人向けです。
なお、ミニターボ出来る前提で話します。

200ccがブレーキ必須なのは分かりますよね。
でもそのブレーキが上手く使えない人もいます。

図で表すと、カーブの際、押すボタンはこんな感じ。
大文字が押すボタンで、○は指の位置です。

     x

  y      A
       ○
     B

解説

ボタンは押せたらいいのでAボタンとBボタンの間、もしくはそのAボタンよりに指を置きます。
「ぶつかりそう・コースアウトしそう」ってところでBボタンを少しの間押します。なお、長時間押すと火花が消えちゃうのでタイムロス回避の意味がありません。
NEW3DSの3Dスティックを少し操作するのと変わりません。

また、ぶつかりそうにもないのにBボタンを押すとかえってタイムロスにもなるかもしれません。インコースの攻めすぎも気をつけましょう(ハングオンバイクならその心配は要りません)。

当たり前ですが、150cc以下でBを使うのもタイムロスになります。

ハングオンバイクなどの話は別のタイトルで話します

ハングオンバイクとドリフトバイクの違い

射命丸文です。
今回はハングオンバイクとドリフトバイクの違いを言います。

ハングオンバイクは、ミニターボで常にインを攻めるバイク。
タイムアタックや急カーブの多いコース向けです。

例(マスターバイク、マッハGP等)

一方、ドリフトバイクはカートと同じように、ミニターボ時インに入り一旦アウトに戻って再びインに入る、というバランスのあるバイクです。初心者にはこちらをお勧めします。

例(そらまめ、スタンダートバイク等)

また、スーパーミニターボ等を発動させたときにサンダードリフトが出来ます。

詳しくは当サイトにある「タイムアタックでも活躍!ぴょんぴょん走法」を参照下さい。

また余談ですが、ドリフトバイクとカートの違いは目立ちません。あえて言うなら、サーキット場ではカートが、デコボコ系はバイクが、LAPごとに0.3~1秒早いぐらいです。


最後に。200ccではカートやドリフトバイクはお勧めしません!!性能が性能なのでコースアウトの可能性がハングオンバイクより高めです。私も一回水に落ちかけました。
それでもこっちがいい!というならご自由にどうぞ。



copyright © 2013 マリオカート8デラックス攻略GEMANI all rights reserved.
当サイトについて